「子供用着物はお任せ!」「世界に一つ」ずっと着たい着物がいっぱい!きもの通販のお店 着楽屋

無題ドキュメント
会員登録 500ポイントプレゼント
着楽屋 お得なメールマガジン
きもの用語集 Q&A サイトマップ

子供用着物は着楽屋にお任せ!
ベビー用のロンパース型から
七五三の着物まで多数取り揃えております。

在庫のあるものは当日出荷を心掛けております。
ごゆっくりとご覧ください。

店長ブログ

営業日カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
が定休日です。
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

きもの用語集

振袖

振袖は未婚の女性の第一礼装です。
華やかで袖の長い振袖は袖丈が長いほど格調が高く改まった感じになります。

【着用シーン】
成人式、謝恩会、新年会、結婚披露宴、花嫁のお色直し etc.
中振袖なら初釜やパーティーにも着用できます。

振袖には様々な色、柄がありますので、趣味や個性に合わせて
選ばれるとよいでしょう。
帯は豪華な錦織の袋帯がおすすめで、飾り結びをします。
帯揚げは総絞り、帯締めは平織や丸ぐけのものを着用します。
多種多様な小物づかいと帯結び、またはヘアースタイルで
シーンに合わせてイメージを変えることもでき、楽しみが増えますね。

振袖イメージ

振袖の商品を見る

△ページの先頭に戻る

色留袖

色留袖は未婚者・既婚者どちらも着られる第一礼装です。
黒以外の色地で、裾模様があり、紋の数で着用範囲が変わります。

【着用シーン】
*五つ紋…黒留袖とほぼ同格の第一礼装。
 きものの両胸、背、両外袖の五か所に代々伝わる家紋をつけます。
 黒留袖と同格とは言っても、結婚式に母親として列席する場合は、
 通常は黒留袖を着用されています。

*三つ紋…親族以外の知人の結婚式、または正式の喜びの式典。

*一つ紋…祝賀会、お茶会、パーティー着 etc.
 訪問着よりもややフォーマルな装いとして着用されます。

比翼仕立てが一般的ですが、一つ紋の場合は比翼なしに仕立て、
重ね衿などで着こなしを楽しむこともできます。
小物のコーディネートは基本的に同じですがパーティーなどでは
白色の代わりにきれいな薄めの色を使用しても素敵ですね。

色留袖イメージ

色留袖の商品を見る

△ページの先頭に戻る

黒留袖

黒留袖は既婚女性の第一礼装です。
振袖の長い袖を切って詰める「袖を留める」意味を表し、
既婚女性の着用する着物です。
染め抜き五つ紋付が決まりで、現代では通常"比翼仕立て"にします。

【着用シーン】
結婚式に、母親・親族・仲人夫人として列席するとき

帯は袋帯を合せ、帯締め・帯揚げ・半衿・長襦袢・足袋は白です。
必ず金銀扇面で黒骨の扇子を持ちます。
バッグは錦やビーズなどあしらったものを、
草履は錦製や白地、金地、銀地の革製でシンプルな形がおすすめです。

黒留袖イメージ

黒留袖の商品を見る

△ページの先頭に戻る

訪問着

訪問着は、胸・肩・袖・裾など
全体に模様がつながるように染めた着物です。
古典模様や抽象模様などさまざまで、
素材は基本的には"一越縮緬"、"紋意匠縮緬"、夏には絽などがあります。
また最近では、紬地に染めを施した訪問着もあり
通常の訪問着よりカジュアルに楽しまれています。

【着用シーン】
友人・知人の結婚式、結納、卒業式、パーティ、初釜 etc.

格調高い場では、箔や刺繍の入っているような
豪華な袋帯を合わせると良いでしょう。 少し軽めに着こなしたいときは、
織の名古屋帯がおすすめです。

訪問着イメージ

訪問着の商品を見る

△ページの先頭に戻る

付下げ(つけさげ)

付下げは、未婚・既婚問わず着られる準礼装に近い着物です。
訪問着とほぼ同格とされ、紋によって格が上がります。
模様が肩山、神山を頂点にして前身頃、後ろ見頃の両面に
上向きで配置されるように染め上げてあります。
シンプルなデザインが多く、仰々しくないため
訪問着よりも着こなしの場が広がります。

【着用シーン】
友人・知人の結婚式、結納、卒業式、パーティ、初釜 etc.

小紋と付下げが合わさった、「付下げ小紋」という着物がありますが、
こちらはカジュアル着で、小紋と同格になります。
また、「付け下げ訪問着」という着物もあり、
こちらは訪問着と近い格付けになります。

付け下げイメージ

付下げの商品を見る

△ページの先頭に戻る

色無地

色無地は、紋意匠縮緬・紋綸子などの素材(黒以外)で
一色染めにした無地の着物をいいます。
同色の裾ボカシも色無地の一種です。

【着用シーン】
*袋帯と合わせて…お茶席、記念式典 etc.
*黒共帯(黒なごや帯)と合わせて…通夜、法事 etc.
*調和のよい帯を合わせて…コンサート、お茶会 etc.

色無地イメージ

色無地の商品を見る

△ページの先頭に戻る

小紋

軽やかに楽しめる、おしゃれ着の「小紋」。
型染めの繰り返しによって柄がつくられている着物です。
柄は大小さまざまで、古典模様など華やかな柄は
格調ある袋帯と合わせて、やや改まった席でも着ることができます。

【着用シーン】
観劇、コンサート、友人とのお食事会 etc.

ポリエステル素材など自宅で洗えるものも多く、
普段着として着たい方や、着物初心者の方にも人気があります。





小紋イメージ

小紋の商品を見る

△ページの先頭に戻る

紬は小紋と同じく、カジュアル着として親しまれています。
昔は普段着とされていましたが、現代では軽い外出着として着られています。

紬は絹織物の一種で、真綿糸や玉糸などを用いた
先染め・平織の織物を意味します。
生産地により、さらりとした地風や素朴な感触など独特の風合いがあります。
模様は、無地もありますが、絣・縞・格子などが主で
絣で模様を織り出したものは技術的に手間がかかります。

【着用シーン】
お稽古、趣味の会、友人との食事会 etc.

値段の高いものもありますが、格式の高い場所では着用できません。

紬イメージ

紬の商品を見る

△ページの先頭に戻る

御召

徳川将軍の御召物から、名がつけられたといわれる高級絹織物。
とても高度な技術を要する織物で、織の着物の中では最高級です。
全体に波打ったようなシボが特徴。
京都・新潟・山形で生産されています。
さらに、刺繍のように見える"縫い取り御召"もあります。

【着用シーン】
お稽古事、観劇、友人との食事会 etc.
矢絣の御召に袴を合わせて、入卒式にも。

御召イメージ

御召の商品を見る

△ページの先頭に戻る

袋帯

現代一般的に使われている帯で、最も格式高い、豪華な帯です。
表全体に柄があるものを「全通(ぜんつう)」、
六割程度柄があるものを「六通(ろくつう)」と呼びます。
長さは約4m20cm以上。
夏ものには、絽や紗があります。

【合わせる着物】
振袖、留袖、訪問着、付下げ、色無地 etc.

素材によっては、礼装用ではなく
外出用、趣味的な着物に合わせる"しゃれ袋"もあります。

袋帯イメージ

袋帯の商品を見る

△ページの先頭に戻る

名古屋帯(九寸帯)

お太鼓部分を並幅(約30~32cm)に、胴回りを半幅に縫い合わせた帯。
帯の簡略化を目的として大正時代に考案されたもので、
袋帯よりも格は低く略礼装に使われます。

【合わせる着物】
軽めの訪問着・付下げ、色無地、小紋、紬 etc.

織り・染め・かがり袋の種類があり、
それぞれ柄や素材で雰囲気が大きく変わります。
有職文様・友禅染など華やかなものは、色無地や江戸小紋に合わせて
セミフォーマルに装うこともできます。
くだもの柄のものや、ざっくりとした風合いの袋名古屋帯などは
小紋や紬、付下げに合わせてカジュアルに着こなすと粋です。

名古屋帯イメージ

名古屋帯の商品を見る

△ページの先頭に戻る

半幅帯・小袋帯・細帯

並幅(約30cm)に対して半分の幅の帯です。
浴衣やカジュアルな着物に合わせて用いられます。
また、付下げや色無地をカジュアルに着こなしたいときには
半幅帯がおすすめです。

【合わせる着物】
付下げ(カジュアルに着るとき)、色無地、小紋、紬、浴衣 etc.

ひとえのものと表裏別布を合わせたものなどがあり、
リバーシブルで使用できるデザインも登場しています。

半幅帯イメージ

半幅帯の商品を見る

△ページの先頭に戻る

付け帯・結び帯

結んだ形に仕上がっている、簡略帯。
帯の結び方がわからない方でも、簡単にできます。
浴衣やカジュアル着物に合わせてお使いください。




付け帯・結び帯イメージ

結び帯の商品を見る

△ページの先頭に戻る

兵児帯

男性や、子供の浴衣・着流しに用いられます。
素材は、絹・ポリエステルなど。
芯は入っておらず、やわらかな素材感です。
汚れても大丈夫なように、パールトーン加工がされているものも多くあります。





兵児帯イメージ

兵児帯の商品を見る

△ページの先頭に戻る

角帯

男帯の一種で、巾約20cmの帯地を二つ折りにして仕立てた物です。
兵児帯のように柔らかくなく、ピシッとしています。
春秋を通じ、博多織が一般的に多く用いられますが、
紬・絽・緞子などもあります。




角帯イメージ

角帯の商品を見る

△ページの先頭に戻る

着物の各部の名称

きものを作るには身長と裄、腰回りの採寸が必要です。
身丈は着丈におはしょり部分を加えた寸法で身長とほぼ同寸になります。
きもののお仕立には長襦袢をもとに仕立てる場合と採寸より割り出す場合が
あります。

着物の各部名称

袖丈

読み:そでたけ

袖の長さのこと。袖山から袖下までの長さ。

袖山

読み:そでやま
袖の一番上の部分、袖の前部と後部の折り目のところ(山)のこと。

振り

読み:ふり
袖付けから袖下までの、開いた部分のこと。

前幅

読み:まえはば
前身頃の裾の幅のこと。
またはその寸法のこと。

上前

読み:うわまえ
きものを着て前を合わせたときに上になる部分。
左身頃の前身の部分と左衽(おくみ)のこと。

下前

読み:したまえ
きものを着るときに下側になる部分。
右前身頃と右衽(おくみ)のこと。

△ページの先頭に戻る